スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - 
abcdefghijilmnopqrstuVolviCz
volvic

僕はhagyun。

PROFILE http://hagyun.jugem.jp/?pid=1

この場所は「abcdefghagyunopqrstuvwxyz」

というタイトル。

僕の日ごろの生活がとてもスパイめいているので、こんな感じがいいのかなぁと思います。
この街で生活していると毎日がスパイのような気分になります。

デジカメも買えないので、いつもの生活に埋もれているものを片っ端からスキャンして載せていこうと考えています。

色々なものがスキャンされることで、新しい価値を帯びて輝き出します。
そんな不思議な雰囲気を楽しんで頂ければと思います。

これからも末永くよろしくお願いします。

by hagyun
s c a n comments(6) 
abcdefghijklMcDpqrstuvwxyz
MCDCF
先日の日記には、僕の日常がスパイみたいだって書いていました。

思い出しました。

「亀は意外と早く泳ぐ」って言う映画

あの主人公そのものが、僕の等身大の姿かもしれません。

主人公はスパイなんです。そこが肝の映画です。

っていっていたら本当にスパイのようなバイトが舞い込んできました。

何か不思議です。

とっても楽しみです。

by hagyun
s c a n comments(2) 
abcdoutorjklmnopqrstuvwxyz




今の場所に引越ししてきてから、いつも違和感を覚えていた。

リアルってなんだろうって。

今日のスパイ活動もリアルさが非常に揺らいでいた。

本当に不思議だ。

テレビの中でしか見たことのなかった方が目の前に現れて堂々と演説している様。
なんとも言えない違和感。

人が壇上に立ったり、するときどこか虚構の自分を演じている。
テレビの中での演じている様と、目の前で演じている様。

当たり前に考えれば、目の前で見る振る舞いのほうが圧倒的にリアルのはずなのですが、
それが逆転している瞬間があります。

そして、会場内からある声が聞こえました。

「面白いね。」って。

あぁやっぱりこれは面白いんだとすごく共感できて良かった。

リアルという言葉がもう目の前にはないのかもしれません。
僕達86年世代は、新しいリアルをどこに発見するのでしょうか。

ただ無目的に、郊外のイオンへ行って散歩する感覚。
イオンに行けば何かあると考えているのでしょうか。

それとも、薄っぺらいフィルターにリアルを見出すのでしょうか。

今日は、劇団員の方と初めてお話しする機会を得ました。
また偶然にも、普通さというキーワードに達していました。

普通さとリアルとっても近い様で遠い存在なのかなとも思いました。

by hagyun

s c a n comments(0) 
abcdefghijklMcDpqrstuvwxyz
 
PINK
LEMON

北口のマクドナルドへ行ったら。

ピンクのコーヒーフレッシュ発見!

パッケージが変わったのか。。

またそのうち南口のマクドナルドへ行ってミルクティ頼んでみる。

なぞは深いよ。

一方、レモンはとってもビビット。

しかも、レモンは少し小さくてのっぽなんです。

なぞは深い。

せっかくミルクティ頼んでも、レモンティ頼んでも結局ストレートティーになってしまうんだ。

ひたすら採集です。

by hagyun

s c a n comments(2) 
AsphalThijklmnopqrstuvwxyz
 

アスファルトSCAN

出来立てのアスファルトの上でジャンプ。

やっぱり硬かった。

by hagyun
s c a n comments(0) 
abcdefghijklmisterdonutxyz




マクドナルドのコーヒーフレッシュ色の違いは、賞味期限を色で区別しているみたい。

コーヒーフレッシュの賞味期限がすごく長いから、なかなかパッケージが変わらなくて、その変化に気づいていなかったのかも。
変化の間隔がとても長くなると、変化に気づかないもんなんだね。

めーっちゃ大きなものも気づかないよね。

「今何月?」

「マックのコーヒーフレッシュがブルーだから、夏かもね。」

「まぁいっか季節なんて。」

「そうだね。」

「マックにいたら、ずーっと夏だからね。」

「そうだね。いつでもレタスが挟まっているもんね。」

「夏だからね。」

by hagyun



s c a n comments(2) 
abcDoutoRjklmnopqrstuvwxyz


この間、池袋に映画を見に行った。

微温というタイトル。

ビンセントギャロなみに、私的な映画かなと思って見ていたら全く違った。

恋愛を主題として扱っているのだけれども、恋愛が主題から時折外れていく。

男女という関係性が、生々しく表現されていた。春樹とは少し違う感じ。

監督が30歳だという事もあって、共感する部分が沢山あった。

・ベクトルが複雑な人間関係。

・極端に少ない、カメラポジション。

・アクションを切っ掛けに場面を変えていくシンプルな展開。

どれをとっても面白いものだった。

そしてたまたま、ある方のPODCASTを聞いていてはっとさせられた。

聴覚と視覚はリンクしていると思わされている。

両者は互いに別のもので、全く違うもの。

近代以降は、人間の体すらシステマティックに考えられてしまったんだなぁ。

映画も近代以降の産物。

微温は笑えるのに、胸が苦しい映画だった。

笑う事が、楽しい。

泣いている事が、悲しい。

でもそれだけでなく、

笑っている事が、悲しい。

泣いている事が、楽しい。

って事も十二分に有り得る。

とにかくすごい映画だった。
s c a n comments(4) 
abcdefghijklmnopqrstuViedefrancez



フランスです。

ミスタードーナッツもコーヒフレッシュのパッケージ更新されていました。

また載せます。

来週の日曜、二級建築士の試験です。

さっやるぞ!

I want you  back.
http://www.youtube.com/watch?v=Vt9TUy0_GiM

s c a n comments(4) 
abcdefghijklmnopqrsoulwxyz
 

今、soul.

急激なスピードで僕は、soulミュージックの世界へ引き込まれた。

とっても分かりにくい世の中で、先行き不安定の世の中でsoul.

soulは愛とか神様とかテーマにする事が多い。

現代人の僕には、神様なんか全く信じられないけれども、
soulには、信じる事を超越する力をビシビシ感じる。

まるでファンタジーの様。

かつてのDISCOが物語るように、皆が消費に恋焦がれた。
僕は、そんな時代をずっと思い浮かべて暮らしていたのかもしれない。

あの時代がもう一度来るかどうかは、分からないけれども

少なくとも、こんな時代には
心が揺さぶられるような幻想が必要なのではないかと思う。

disney を愛するように、soulが愛されれば良いなぁ。

by hagyun

09:06の映像ですが見て聴いて、思ったこと感じたこと書いていただけると幸いです。

Marvin Gaye "What's Going On / What's Happening Brother"
http://www.youtube.com/watch?v=Y9KC7uhMY9s




s c a n comments(2) 
あてもなく歩く


お久しぶりです。

わけ合って、最近SCANをお休みしています。

突然ですが、

最近接客の仕事をしている中で、とっても不思議なことが多いです。

お店に来るお客様が、何かを買いに来ているのだけれども。

何となく購入する方が多い。

それは、目的を持たずに買うという事です。

実際のマーケティングは世論を読んでといったことがメジャー化しています。

でも実際の世論は少し違うように思います。

と言うのも、購入する側の主体性がほぼないと言い切れてしまうのです。

使う事が目的ではなくて、買う事が持つ事が目的なんです。

こうぼんやりと考えていくと、感覚的には80’sバブルなんだとまで言えそうです。

マクドナルドもそうだけれども、実際のユーザーの多くは無目的。

マックのポテトが食べたくて仕方ないから、マクドナルドに入店する機会と言うのは非常にまれです。

何となくあるからマック。

そう、ちゃぶ台の上のリモコンレベルです。

何となくのなかに、小さなリーダーが必要なわけです。

そこで店員・アイキャッチの真価が問われているように思います。

やっぱりAYUが人気が落ちたと言えどもパナソニックのカメラは売れます。

AYUは大きなリーダーではもうないけれども、小さなリーダーとしてしっかりとイメージに残っています。

ここで、しばらくバブルのディスコについて色々趣味も含めながら調べてみようと思います。

The Trammps - Disco Inferno
http://www.youtube.com/watch?v=A_sY2rjxq6M

by hagyun
- comments(1) 
| 1/10 | >>